マスクの話

種類や形状から欲しいマスクを探す方法!使い分けるには

マスクの種類

主にマスクは医療用、産業用、家庭用に分けることができます。

最近では、医療用マスクも一般むけに改良され普段使えるのも出てきました。

その使用方法と種類について説明していきます。

 

医療用マスク

医療従事者と患者との会話、咳、くしゃみなどからの感染を防ぐため、家庭用マスクよりフィルターの目も細かいのが特徴です。

主に血液や体液の飛散から守るために使用されます。

 

サージカルマスク

サージカル(surgical)」は「外科の、手術の」という意味を持つ。
広い意味での「サージカルマスク」は、主に医療現場もしくは医療用に使用されるマスクのこと。

素材は不織布でプリーツ状になっています。
薄い青色、ピンク色などがある。

長時間使用には向いてない

 

N95マスク

作業者を空気中の微粒子から守るために用いるが、近年医療機関で感染防止に用いられることが多い。

ウイルス感染を防ぐためのマスクとして、WHO(世界保健機関)や厚生労働省は、患者と接触する医療従事者に対して、飛沫感染に有効とされるN95マスクの着用を推奨しています。

形状はカップ型、三つ折、二つ折など顔にピッタリフィットする形で、気密性が高く、フィルターの目が非常に細かい。

韓国製のN95マスクが人気になり、最近では日本製のJN95マスクが登場している。
長時間使用には向いてない物でしたが、比較的長くつけやすいものも作られている。

長時間使用には向いてない

 

DS2マスク

日本の厚生労働省が定めた国家検定規格に適合したマスクで、米国規格のN95に相当するものとして一般に認識されています。(本来は産業用ぼうじんマスク)

DS2マスクは、人工血液による耐浸透試験を行っていないため、患者の血液 や体液等がマスクから浸透するおそれのある手術や処置を行う場合には使用し ないこと
厚生労働省より引用

長時間使用には向いてない

 

産業用マスク

工場や建設現場などの作業環境中に発生する様々な有毒ガス、蒸気、粉じんなどの有害物質による健康被害を防ぐためのマスク。

防じんマスク、電動ファン付き呼吸用保護具、防毒マスク、送気マスク、空気呼吸器などの呼吸用保護具(マスク)などがあります。

長時間使用には向いてない

 

家庭用マスク

感染症対策や花粉対策、防寒・保湿などの目的で一般的に使われているマスクです。サイズや形状、素材や色も豊富で、フィルター性能と通気性のバランスが良い。

防寒対策、花粉対策、風邪対策、ウイルス対策、PM2・5など防じん対策など。

素材も不織布マスク、ウレタンマスク、布マスクなどがある。

  • 不織布とは、字の通り織ってない布という意味で熱や化学的処理などでシート状にしたもの。通気性などがあるのでマスクやおむつ、生理用品などに使われている。

 

Willfried WendeによるPixabayからの画像

家庭用マスクの形状

私たちの生活に欠かせなくなったマスク。

様々なお店で色々な形や素材のマスクを見かける様になりましたね。
家庭用のマスクについてもう少し詳しく、その形状について説明します。

平型マスク


平型マスク一般的なガーゼマスクといえる平型マスクは、高い保湿性と保温性が最大の魅力です。

学校給食で使用した事のある方も多いのではないでしょうか?
綿を使用しているため、肌に優しいのも特徴です。

長時間の使用も快適

プリーツ型マスク


マスクが折りたたまれプリーツ状になっているので、装着する時に広げて自分の顔に合わせてフィットさせて使う事ができます。

口の動きに柔軟に対応するので、話をしててもずれにくいです。

プリーツを上下に広げることによって、マスクと口の間に空間を作る事もでき呼吸が楽に行えます。

長時間の使用も快適

 

送料無料のマスクサブスク もあります。毎日使うマスク。買い置きをきらしてしまったら大変です。

休止・停止も自由なので安心ですね。


立体型マスク


人の顔の形に合うよう立体的にデザインされています。

口元や鼻まわりに空間ができマスクと肌が触れないので息苦しさや喋りにくさが軽減されます。
女性にとっては、口紅がつきにくいのもありがたいですね。

耳にあたる紐の部分が丸く切り抜きされているので、あまり耳が痛くならない

長時間の使用も快適

 

ミズノメマスク

手づくりのこじ萬が考えたミズノメマスク。

私の周りにも喘息でマスクが辛い、、。クラクラしてしまう、、。肌が荒れて、、。など問題を抱えてる方が多くいらっしゃいます。

そんなマスクが辛い方に、人目を気にしないで辛さを軽くできないかと考えた商品です。
マスク下が空いているので呼吸をサポートします。

庭仕事やウォーキングで暑いけどマスクが取れない人や暑さに弱い高齢者にもおすすめしてます。

長時間の使用も快適
ウォーキング、外掃除、

 

ミズノメマスクは下が開いている?利用方法と特徴を説明します[手づくりのこじ萬]オリジナルのミズノメマスク の説明や使い方のご案内 。マスクをできない人やウォーキングにおすすめ。 ...

 

プラスチックマスク


近大マスク、フェイスシールド、マウスシールドなどプラスチックで形成され透明。口元が見えるので特に笑顔が大切な接客業や飲食店、テレビなどで手話を使う方が使用し、耳の聞こえない方が口元の形を読むのにわかりやすいため使われています。

マスク選びのコツ

仕事や学校などで長時間使用も避けられないことも多くなっています。
形状、素材などからストレスのないマスク選びをしたいですね。

暑い夏や野外、人との距離が取れている時は通気性の良いもの、また人との距離が近くなる観劇や、電車の中、授業中、などはしっかり覆われたものなど環境によって選ぶと良いでしょう。

マスクをすることで体調を崩す方や、熱中症の心配、肌荒れで悩んでいる女性も多く、周りの方の配慮も大切になってきています。マスク選びも心と体に負担のない範囲で選ぶことも大切です。

マスクもしっかりマスクの日とそうでない日に分けて選べたらいいですね。ミズノメマスクは口元がふんわりして外気を取り込みやすい形です。散歩、外掃除、人との距離が取れている時に選べるマスクです。

ミズノメマスクの利用方法や特徴を詳しく説明